インプラントは身近な物

「インプラント」と聞いて、皆さんは何を想像するでしょうか?多くの方が想像する事は、抜歯した箇所に埋め込む、人工歯根を思い浮かべるでしょう。
インプラントとは元々「体内に埋め込む器具」の総称で、人工歯根以外にも骨折治療の為に埋め込むボルトや、心臓治療のペースメーカー、人工内耳等もインプラントと呼ばれています。
人工歯根を指すインプラントの場合は、「デンタルインプラント」と呼ばれていて、これは顎骨に金属のチタンで出来たインプラント体を埋め込み、その上に人工歯を結合します。
この治療法は古くは紀元2,3世紀の古代ローマ時代から行われて来ました。
現代の技法のインプラントの誕生は、1910年代に行われており、1980年代には歯科治療として一般的に普及し始め、現在に至っています。

インプラント治療には、日本を含む多くの国が保険適用外です。
この為、インプラント治療には高額の治療費が必要となり、歯科治療として中々一般に普及していません。
しかし以前の様に術後に歯が抜ける事が少なくなり、10年以上のインプラント生存率が90%以上になっている事を考えると、普段からの手入れが煩わしい入れ歯や、抜けた歯の隣の健康な歯を削るブリッジよりも、理想的な治療法だと考えられます。
歯科治療としての普及率はまだまだ低いインプラント治療ですが、昔に比べると現在では非常に安価で治療を行っている歯科医院も出て来ました。
ここからは最新のインプラント治療法と、インプラント治療のメリットを紹介して行きたいと思います。



【Special Link】
最新のインプラント治療を施術している東京の歯科です ―> 東京 インプラント

Copyright © 2014 最新式のインプラントの詳細 All Rights Reserved.